DNA

シミと遺伝の関係性|しみが出来やすい人にある特徴とは?

 

何歳になっても肌が綺麗な方っていますよね。

逆に、若いうちからニキビやそばかすに苦しむ方もいます。

 

ダイエットやハゲもそうですが、

『しみだって遺伝的な所が大きいんじゃないの?』と思う今日この頃。

 

女性に多い悩みなのは言わずもがなですが、シミは遺伝や体質による出来やすさはあるのか。出来やすい体質の人っているのか調べてみました。

 

シミと遺伝って関係あるの?

 

先に結論を言うと、シミが出来やすい遺伝子はあるそうです。

 

ある化粧品メーカーさんの研究チームが、シミに繋がりやすい遺伝子の存在を見つけてしまったんだとか。

そんなの発見しなくても良かったのに(いや、しようがしまいが変わりませんが…)

 

他にも、体質的にシミが出来やすい人はいるそうです。

 

肌が白い人はしみが出来やすい?

 

1つ目は、お肌が白い人。

確かに白人さんとかはそばかすが多いイメージがありますよね。

反対に黒人さんなんかはしみが出来ているイメージありません。あくまでイメージですが。

 

そもそもシミの原因はメラニンなのはみさなんご存じかとは思いますが、肌が白い人は基本的に肌が弱く、それを守る為にメラニンが生成されやすいんだとか。

 

先祖が縄文人だと…?

 

先ほど紹介した化粧品メーカーさんの研究チームが発見したのはこちら。

『MCR1』という遺伝子がメラニン色素の形成に関与しているそうです。

 

そしてこのMCR1は、実は私たち日本人の祖先として有名な『縄文人』の持つ遺伝子なんだそう。

 

日本人は弥生人と縄文人の両方の血を引いているわけですが、縄文人の血が濃い人ほどしみが出来るリスクが高いとか。

縄文人の血が濃い人の特徴としては、

 

1・くせ毛

2・堀が深く、鼻が高い

3・目が大きい

4・耳垢が湿っている

5・目が二重

6・鼻の下が短い

 

こんなのが当てはまるそうで、これはあれですね。

平井堅さんは確実にシミ予備軍であることがわかります。

 

遺伝以外のしみが出来やすい人の特徴

 

と言うことで、しみが出来やすい体質、出来にくい体質というのがいることは分かりました。

やっぱり何でも体質ってあるんですね。

 

ちなみに私は何も食べてないのに太るという謎の体質を保有しています。

 

ですが、『私は肌が強いから問題ない!』なんて考えず。もちろん後天的にシミになる事もあります。

言うまでもなく生活習慣によるものですね。

 

●野外で活動する事が多い(紫外線に当たる)

●不規則な生活

●睡眠不足

●ストレス

 

後は食事ですね。ビタミンなどの肌に良い栄養素を多く摂っているかなどが鍵になります。

 

遺伝と体質は仕方ないけど、生活習慣はどうにか出来ますから、この辺りで頑張っていきましょう。

私は完全に油断して後天的に出来たクチです…

 

以上、しみと遺伝の関係でした。